保有機材(ボーリングマシン) 施工写真(井戸工、井戸さらい、鉄分遮水) 井戸・地下水のサポート、よくある質問 水のリンク サイトマップ
エアーハンマー工法

井戸工事費/さく井工事費(掘削単価、ボーリング単価、揚水ポンプ費用、概算見積例)

ボーリング単価や井戸掘削工事費に関するお問い合わせが多いため、弊社の概算見積もりを紹介します。
御見積金額は、会社の規模と専門分野、地形・地質、工法、所有機械などで変わりますので、参考程度でお願いします。
なお、御見積および現地調査(大分県内)は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

ボーリング単価とは?

ボーリング単価は幾らですか?」と、よくお問い合わせがあります。それでは「ボーリング単価」とは何でしょうか?
弊社が知っている他社様の単価は、約5,000〜290,000円/mです。前者は「打ち込み井戸」、後者は「手掘井戸(丸井戸)」です。
最後は、間違いなく29万円/mです。どうしてこんなに差があるのでしょうか。
一概に井戸工事といっても、井戸の種類や品質によって、材料費、人件費、経費、掘削深度が異なるため、単純比較は難しいものです。
そのため、御見積内容について詳しくご説明します。また、他社様の相見積もりの内容についても、弊社の分かる範囲でご相談にのります。

ボーリング単価=井戸工事費(@材料費+A人件費+B経費)÷C掘削深度
【@材料費】 ビット、管類、燃料費など。管類でも、井戸側、VP管、鋼管、繊維強化プラスチック管(FRP)、ステンレス管などがあります。
【A人件費】 人数×掘削日数です。深度、口径、地盤によります。小さな井戸が得意な業者もあれば、大きな井戸が得意な業者もあります。
【B経費】 会社の規模、所有機械、運搬費によって変わります。硬い岩盤や崩壊性地盤、大口径になるとそれなりの機材・機械が必要です。
【C掘削深度】 浅ければ安いという訳でもなく、たとえ5mでも仮設費や運搬費が必要です。そのため、ある程度深いほうが単価は安くなります。

さく井工事(ダウンザホールハンマー工法・特殊エアーハンマー二重管掘削工法)の掘削単価と概算見積例

  1. 施工対象: ボーリング井戸工事・深井戸ボーリング
  2. 工事概要: φ160mm掘削、φ125mmSGP鋼管仕上げ
  3. 掘削工法: 特殊エアーハンマー二重管掘削工法(ダウンザホールハンマー、ダウンザホールドリル)
  4. 対象地質: 粘性土、砂質土、礫質土、軟岩、中硬岩・硬岩(凝灰岩、花崗岩、砂岩、礫岩等)
  5. 取水深度: 平野部 30m程度、台地・山岳地 50〜100m程度
  6. 掘削単価: 【0〜50m位まで】 15,000〜20,000円/m前後、 【50〜100m位まで】 15,000円/m前後
上記単価は、工事一式に対しての1m当たりの単価です。(掘削工事費、ケーシングパイプ等の材料を含む単価です。)
掘削単価は、施工条件(特殊搬入、地形・地質、特殊仕様)、リスク等により上下します。 揚水には水中ポンプ設備工事費が別途必要です。
ボーリング井戸工事(ダウンザホールハンマーケーシング併設工法) 概算見積例(参考例)
名称 規格・仕様 数量 単位 単価 金額 摘要
仮設及び撤去工事費 1 90,000 90,000
掘削工事費 φ160mm 80 m 4,000 320,000 エアーハンマー二重管掘削工法
ケーシングパイプ SGP125A(内径130.8mm) 80 m 2,500 200,000 配管用炭素鋼管(JIS.G.3452黒鋼管)
集水孔加工費 SGP125A 11.0 m 2,000 22,000 プラズマ機械切スリット加工
ハンマービット歯先 φ160mm 0.2 800,000 160,000 特殊拡幅ビット歯先
軽油・オイル他雑材費 1 80,000 80,000
ケーシングパイプ挿入費 SGP125A 80 m 1,000 80,000 鋼管切断加工、2.75m×37本溶接挿入
孔内洗浄仕上げ費 1 50,000 50,000 排水は付近放流処理
スライム処理他雑工事費 1 50,000 50,000 スライムは付近散土処理
機械器具材料 損料費 1 60,000 60,000
機械器具材料 運搬費 1 90,000 90,000 4t積ユニック4台分他
諸経費 1 90,000 90,000 簡易揚水試験、柱状図等含む
小計 1,292,000
値引き -92,000
合計 1,200,000
※上記は、大分市内で弊社に施工を任せて頂いた場合の小規模の「民間価格」です。また、上記の施工条件により価格が上下します。
官庁工事・ゼネコン様などでは施工規模・施工条件等により価格が異なりますのでお問い合わせください。
水中ポンプ設備工事 概算見積例(参考例)
名称 規格・仕様 数量 単位 単価 金額 摘要
川本式深井戸水中ポンプ 100V・600W 1 271,000 271,000 形式UFH-600S
揚水管 φ25mm、L=4.0m 12 2,500 30,000 形式SGPねじ付き白鋼管
バルブ・継手部品他雑材費 1 25,000 25,000 保温材VP管等含む
井戸側ポンプ室セット 2 9,000 18,000
井戸側ポンプ室セット設置工事費 基礎工事 2 9,500 19,000
水中ポンプ挿入据付工事費 1 60,000 60,000 クレーン車使用等含む
配管・電気設備工事費 1 50,000 50,000 付近5〜10m以内既設配管及び電源継込
ポンプ試運転他雑工事費 1 45,000 45,000 発電機使用
機械器具材料 運搬費 1 12,000 12,000
諸経費 1 65,000 65,000 水質検査(飲料9項目+鉄・マンガン)含む
小計 595,000
値引き -175,000
合計 420,000
※掘削後に揚水試験をします。その結果(水位、水量)によっては揚水ポンプの変更があります。
ポンプ本体、材料等は価格が変動しますので、詳細な価格はお問い合わせ下さい。

掘削増減の契約

井戸工事の御見積書で、最も”注意すべき点”は、「掘削増減の契約」事項についてです。
掘削増減の契約とは、予定掘削深度で未だ水が出ないときに、それ以上の増加分を幾らで掘るかというものです。
逆に予定掘削深度より早く水が出たときは、掘削減※として幾ら値引くかというものです。
そのため、弊社では必ず、「掘削増減の契約」事項を付記しています。
※弊社はハンマー工法のため掘削減(途中で終了)の可能性があり得ます。一般的なロータリー工法ではとりあえず掘りきることが多いです。


例@・・・ A社と弊社の御見積書があるとします。(A社:ロータリー工法、弊社:ハンマー工法のため同条件ではありません。)
【A社】 ・・・ 深度80mまで 一式100万円の御見積(掘削増減の契約無し、または未定) → このとき、ボーリング単価は、1.25万円/m
【弊社】・・・ 深度80mで    120万円の御見積(掘削増減1.30万円/mの契約有り) → このとき、ボーリング単価は、1.50万円/m

【お客様】・・・ A社の御見積金額が安いため、A社に依頼。
【A社】・・・  掘削深度80mまで堀切って終了。地下水は深度50〜60mにある?ようなので集水孔を余裕をみて深度50〜70mに設置。
【お客様】・・・ 契約通り、A社に総支払金額一式100万円のお支払い (このとき、ボーリング単価は、100万円÷80m=1.25万円/m)

ここで、弊社へ依頼して頂いたと仮定すると・・・
【弊社】・・・  掘削深度50〜60mで水が出たため、集水孔を深度50〜60mに設置、掘削深度60mで終了。掘削減20m(当初80m-掘削60m)が発生。
【お客様】・・・ 掘削増減の契約により、120万円 - 掘削減20m×1.30万円/m=総支払金額94万円 (ボーリング単価は、1.57万円/m)

ボーリング単価が高くても?掘削増減の契約事項があると、総支払金額では逆に安くなることがあります。
一式いくらの御見積は、「それ以上は費用がかからない」と考えがちですが、未知な地下は、掘削増減が必ずあります。逆に無いとおかしいのです
掘削増減の契約がないと、工事費用が点のため、会計にトラブルが起きる可能性があります。
掘削増減の契約があると、工事費用が点から線になるため、会計は明瞭です。
「ボーリング単価」は、本当は未確定なものなんです。